晩酌モデラー日記

趣味の模型製作の記事です。

TZR250⑪ カウル内側

こんにちは!

 

 サイドカバーが大失敗して苦戦していますがめげずに進めます。

 

今回はカウル内側を塗装しました。
f:id:garomilk:20210622123354j:image

マスキングなし、エアアウトレットにテッシュを詰め込んだだけの状態で

エナメル塗料のセミグロスブラックで塗装します。


f:id:garomilk:20210622123401j:image

無謀ともいえるテッシュマスキング


f:id:garomilk:20210622123410j:image

アンダー左右とアッパーカウルを塗装します。

1986年まではレーサーレプリカのカウル内側は丁寧に黒塗装でした。

これが1987年NSR250R(ハチナナ)からカウル内側は塗られなくなりました。

安っぽいかと思いきや、これがレーサーのカウルみたいに見えてしまい更にレプリカが

レーシーに見えたものです。

 


f:id:garomilk:20210622123418j:image

吹きっぱなしでは当然ダメなのでエナメル溶剤をつけた綿棒で淵をなぞります。


f:id:garomilk:20210622123424j:image
アッパーカウルも同様に。 これでカウル内部の黒がシャープになります。

グッと実車感でてきましたね!


f:id:garomilk:20210622124543j:image

ホイールのエアバルブをちょんちょんと筆塗り。


f:id:garomilk:20210622124550j:image
ダイソー製コンパスカッターでマスキングテープを切り出しマスキング。


この作業は朝、出勤前に行いました。 

 

帰宅してから続きをやります。