晩酌モデラー日記

趣味の模型製作の記事です。

九九式艦上爆撃機⑦ 本体と小物の塗装

こんにちは!

 

今週も元気に働きましょう!「月月火水木金金!」

 

さて九九艦爆は大ミスをしましたが何とかリカバリーして本体の名灰白色の塗装が

終わりました。
f:id:garomilk:20210830050925j:image

下地に黒を塗装しましたがグラデーション感はあまりありません。

 


f:id:garomilk:20210830050935j:image

着艦フックの塗装 黒鉄色です。

 


f:id:garomilk:20210830050941j:image

250キロ爆弾の投下装置部品 シルバーで塗装

 


f:id:garomilk:20210830050948j:image

排気管の取り付け

 


f:id:garomilk:20210830050954j:image

エンジンカウル部品を合わせてみる。

 

 

 

 

「カッコよすぎる。。。。」

 

 


f:id:garomilk:20210830051008j:image

堪らなくなり「日の丸デカール」を主翼に貼ります。

マークソフターをたっぷり主翼に塗り、さっとデカールを乗せ位置決め。

 


f:id:garomilk:20210830051018j:image

1分ほどおいてデカールが馴染んできたら綿棒コロコロです。

エルロン部分はデザインナイフでデカールをカットします。

さらにもう一度マークソフターを塗り部品の奥まで馴染ませます。

 


f:id:garomilk:20210830051033j:image

機首のつや消し黒塗装に入ります。

なぜヒコーキの機首が黒いのか?それはここに太陽光が反射して視界の邪魔になるのを防ぐためです。メジャーリーガーが目の下を黒く塗るのもそういうことです。



f:id:garomilk:20210830051120j:image

マスキング中の一枚 日の丸のカッコイイこと・・・

胴体の2本のラインが決まらずこのあと剥がしました。やり直しです。


f:id:garomilk:20210830074939j:image

つや消し黒を塗装

 


f:id:garomilk:20210830074945j:image
マスキングを剥がしました。 良い感じですね。

九九艦爆らしくなってきました。



今回はここまで。

 

悩める機体の塗装ですが、組立図の瑞鶴所属機のマーキングで行きます。

 

そろそろ気合で機体の塗装は終わらせたいですね。

 

 

おまけYouTube

 天皇についてさらっと解りやすくまとめてくれています。