晩酌モデラー日記

趣味の模型製作の記事です。

NSXリベンジ②

こんにちは!

休みだけど用事発生でほとんどさわれず。
f:id:garomilk:20210517083834j:image

リアゲートを薄くスモーク塗装します。

 


f:id:garomilk:20210517083845j:image

シャーシにボディを合体させ黒ボディのイメージを確認。

 


f:id:garomilk:20210517083851j:image

 


f:id:garomilk:20210517083856j:image
数か所、研ぎ出しで攻めきれていない所を発見。
要修正だなぁ。

 

今回もあっさりした記事になってしまった。

NSXリベンジ①

こんにちは!

 

雨で引きこもりか。。

 

今回は以前製作して出来がいまいちだったNSX

リベンジとなります。

f:id:garomilk:20210516094320j:image

以前製作したタミヤNSX

気にくわないのはボディのツヤです。

イマイチです。


f:id:garomilk:20210516094330j:image

今回はブラックで作ります。


f:id:garomilk:20210516094343j:image

ウィンドウ

 


f:id:garomilk:20210516094350j:image

リアハッチ

 


f:id:garomilk:20210516094355j:image

赤と比較。

 


f:id:garomilk:20210516094400j:image
簡単な記事ですみません。

色々、やりたいことを試してみます。

CB750F ④完成

こんにちは!

 

早くも終末、イヤ週末。

 

毎日が世紀末だと思い、面白おかしく・充実させる!これがワタクシお約束

 

多分、核戦争になり核ミサイルが飛んで来てもワタクシはデスクで微動だにせず、

紙ヤスリでパーティングラインを処理しているでしょう。クク..

 

 

 

 

 

 

さて、お待たせいたしました!

 

タミヤ製 1/12 

ホンダ CB750F 完成です!

 

 

 

 

 

 


f:id:garomilk:20210515083842j:image

ドドォォンン!!!!! 今回はグンカラーからいきなり黒にボディカラーを変更させましたがいかがでしょうか?

 

 


f:id:garomilk:20210515083847j:image

完全ノーマル? チェーンはゴールドチェーンですね。

 


f:id:garomilk:20210515083852j:image

今回のCBはこれまでのどのCBより外装の出来が良いです。

クリアーは5回塗装しました。

 


f:id:garomilk:20210515083859j:image

かなり磨き込みました。 アンメルツヨコヨコは手放せません。

 

 


f:id:garomilk:20210515083911j:image

メッキパーツの輝きが美しい。

 


f:id:garomilk:20210515083917j:image

空冷インラインフォー

 


f:id:garomilk:20210515083923j:image

タンク部のアップ

 


f:id:garomilk:20210515083929j:image
テール周りのアップ

 



f:id:garomilk:20210515083955j:image

エンジン左側

 



f:id:garomilk:20210515083935j:image
サイドビュー

誰もが「オートバイの形」として思い浮かべるスタイルではないでしょうか?

 

今回も楽しく製作出来ましたが・・・・・・・・

 

 

 

また部品取りが・・・・・・・このループです。

 

 

某オークションサイトで完成品は販売しています。

宜しければご覧くださいませ。

 

つづく

CB750F③  一気に進める。

こんにちは!

CBどんどん塗装、組み上げしていきます。


f:id:garomilk:20210513203735j:image

テールカウル下側フィンをセミグロスブラックで塗装します。

 


f:id:garomilk:20210513203741j:image

テールランプ内部の塗装 ここはシルバー。メッキシート貼るのもアリですね。

 


f:id:garomilk:20210513203747j:image

テールランプ完成

 


f:id:garomilk:20210513203753j:image

一気にフロントフォーク周りを組みます。

 


f:id:garomilk:20210513203758j:image

フロントフォークは捻じれない様に前後左右から厳しくチェック!

 


f:id:garomilk:20210513203804j:image

エンジンアップ

 


f:id:garomilk:20210513203809j:image

外装・シートの位置合わせ シートは成形しないと良い位置におさまりません。



f:id:garomilk:20210514051326j:image

リアウィンカー取り付け。 左右に張り出していてカッコイイです。

 


f:id:garomilk:20210514051332j:image

スピードメーターケーブルや各部パイピングを行います。

キットを壊さない様に注意します。

 


f:id:garomilk:20210514051339j:image

このキットの鬼門、マフラーの取り付け。

接着部のメッキをナイフで削り取り付けます。エキパイのシリンダー部とマフラーエンド部だけでマフラーは車体に付いているので位置決めは至難の技です。

作業中、ハンドルが取れて「グギギ..]

 


f:id:garomilk:20210514051346j:image

マフラー取り付け完了 上手く出来ました。

エキパイも歪みが無いよう注意しました。

 


f:id:garomilk:20210514051352j:image
完成が見えてきました。


ライト、バツクミラー、ステップを取り付けてフィニッシュの予定です!

 

あと一息頑張ります。

CB750F② 形になっていきます。

こんにちは!

CB750Fももう5作目・・

 

特に目新しい事はないのですが。。


f:id:garomilk:20210513072927j:image

テール、ウィンカーレンズを塗装します。

 


f:id:garomilk:20210513072938j:image

切り出して成形

 


f:id:garomilk:20210513072944j:image

メーター、ライトなど メーターはまだ途中です。

 


f:id:garomilk:20210513072958j:image

リアタイヤ

 


f:id:garomilk:20210513073005j:image

スイングアーム周りの部品たち。

 


f:id:garomilk:20210513073040j:image
リアサスペンションはメッキのままスミ入れのみです。

 


f:id:garomilk:20210513073023j:image
サクッとスイングアーム、リアサスの取り付け。



f:id:garomilk:20210513073059j:image

塗装、磨きの終了した外装を載せてみる。

 


f:id:garomilk:20210513073116j:image

どの部品もカチッと組めています。歪みもありません。



f:id:garomilk:20210513073133j:image
テールカウルも載せてみます。 このデザイン本当にたまりませんね。

 


f:id:garomilk:20210513073155j:image
ここから細部はスミ入れを行いリアルにしていきます。


オートバイ模型は部品構成がほとんど実車なのでメカニック気分を味わえるところが魅力ですね。

 

CB750F ①もはやライフワーク

こんにちは!

 

今回からCB750Fをお届けいたします。

 

もうCBは5台目です・・・どんだけ好きやねん。
f:id:garomilk:20210510093016j:image

組立図は英語版も付属します。 カッコイイですね。

 

 

【現状把握】
f:id:garomilk:20210510093037j:image
製作途中で放置されています。

このCBは実は部品取りをした後の残りのパーツです。

 



f:id:garomilk:20210510093025j:image

新品のCBを模型店で入手。

ここからパーツを取り完成させる。=また部品取りが余る=暇な時触る=またキットを買って完成させる=部品余るのエンドレス、メビウスの輪状態です。

 


f:id:garomilk:20210510093056j:image

フレームにエンジン搭載しています。

 


f:id:garomilk:20210510093102j:image

プラグが付いていませんね。

 


f:id:garomilk:20210510093108j:image

リアフェンダーとテールランプステーを付けてみました。

絶対捻じれて付けない様注意が必要です。

 


f:id:garomilk:20210510093132j:image

元はグン仕様で赤で製作していましたが、塗装に一部気に食わない所がありやり直します。

 


f:id:garomilk:20210510093143j:image

デカールを全て削り落とし表面をサフェーサーで塗装します。

 


f:id:garomilk:20210510093153j:image

途中画像ありませんが、黒を塗装、クリアーを塗装、軽く磨いてデカール貼り

を行いました。

 


f:id:garomilk:20210510093200j:image

前回よりはるかに良い出来です。

 


f:id:garomilk:20210510093205j:image

デカールが乾いたらさらにクリアー塗装します。

 


f:id:garomilk:20210510093210j:image

テールカウルも同様に

 


f:id:garomilk:20210510093216j:image

しっかり面をだしているのでデカールも綺麗に貼れます。

 


f:id:garomilk:20210510093239j:image
乾燥待ちの外装パーツ。 デカールが上手く貼れればもうクオリティの高いCBになるのは決まりです!(本当か?)

 



f:id:garomilk:20210510093120j:image
メーターの製作

余談ですがノーマルのCBのキットのデカールではインジケーター類は表現されませんが

CB750Fカスタムチューンのキットではインジケーター用のデカールが付属します。

インジケーターをデカールで表現したい方はタミヤカスタマーまで!

 



f:id:garomilk:20210510093246j:image
美しいが手間なメッキマフラーを組立ます。


今回はここまで!

 

あまり新鮮味mの無い記事ですが宜しければお付き合いくださいませ。

安土城⑥ 完成!

こんにちは!

月曜日始まりました。GWも開けてここからは仕事モードです。

しっかり作戦練って効率よく仕事していきましょう!

 

 

さて童友社 1/540スケールモデル 安土城ですが。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

完成しました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ドドォオン!

 

 

 

 


f:id:garomilk:20210510074727j:image

屋外で自然光の中での撮影です。 カメラはスマホです。

いかがでしょう? 本当のお城に見えませんか?

模型は製作も楽しいですが、リアルに見せる撮影も楽しいんですよ。

 

日差しの中の安土城 大変美しいと思います。

 

 

 

以下ギャラリーは室内での撮影です。

 


f:id:garomilk:20210510074748j:image

日差しに光る天守

背景はA3サイズのコピー用紙で空の画像をプリントアウトしたものです。

 


f:id:garomilk:20210510074756j:image

大きく見えますがサイズは長さ175×幅115×高さ110mmです

 


f:id:garomilk:20210510074804j:image

あ! 右の黒い壁にパウダーついていますね・・

 


f:id:garomilk:20210510074812j:image

窓の部分を面相筆で書きこむのは大変でした。

 


f:id:garomilk:20210510074820j:image

上空からのアングル

緑が生い茂っています。

 


f:id:garomilk:20210510074837j:image

 


f:id:garomilk:20210510074851j:image

本丸基部

 


f:id:garomilk:20210510074915j:image
いかがでしたでしょうか?第六天魔王の居城に相応しい風格だと思います。

某オークションサイトにて販売中です。


歴史にもしもはありませんが、信長が生きていれば日本は違う日本になっていたでしょうね。

 

おまけYouTubeでなくマンガです。

修羅の刻 陸奥圓明流外伝 12巻


f:id:garomilk:20210510090823j:image

陸奥一族と歴史上の重要人物との「もしも・・・」のマンガです。

信長編めちゃめちゃおもしろいですよ!!

是非みてみてください!