晩酌モデラー日記

趣味の模型製作の記事です。

ムルシェラゴ!③ これでもかのボディ研磨

こんにちは!

 

ムルシエラゴはボデイのメタリックオレンジの乾燥を待ってデカール貼りに進みます。
f:id:garomilk:20210419152321j:image

ボンネットにランボルギーニエンブレムを貼ります。

定規を当てボンネットのセンターを計測しエンブレムを貼ります。

 

 


f:id:garomilk:20210419152327j:image
デカールの感想待ちの間にシャーシの製作

ムルシエラゴはフルタイム4WDです。フロントを駆動するためのペラシャが見えます。



f:id:garomilk:20210419203417j:image

クリアー塗装に入ります。

デカールを貼っていますので遠くから薄く吹き付けます。

厚塗りするとデカールを冒すのはもちろん、下地のメタリックオレンジも溶けだし

メタリック粒子が流れてムラになったりしますので要注意です。

 


f:id:garomilk:20210419203424j:image

1時間後、はやる気持ちを抑え再度、遠くから吹き付け。

厚く塗る必要はありません。これを合計3回繰り返します。

 

f:id:garomilk:20210419203440j:plain

4回目のクリアー塗装 毎回スプレー缶を湯銭しています。

今回はツヤを狙って厚めに吹き付けます。

 


f:id:garomilk:20210420085808j:image

デザインナイフの先、ホコリを噛んでいます。

他にも3か所、同じような部分がありました。

 

 

 

 

 

6時間後

っていうか朝です。早朝です。

 

クリアーの研ぎ出しにかかります。(早朝模型活動、略して朝モカツ?です)


f:id:garomilk:20210420085815j:image

2000番のスポンジヤスリ、3000番の耐水ペーパーで研ぎ出ししていきます。


f:id:garomilk:20210420085820j:image
ボディ全体のツヤがなくなるまで研いでいきますがエッジは簡単に角が出るので要注意です。 サフェーサー塗装前のボディがフラットに研磨できていない状態だとこのタイミングでヤスリが角に引っかかり、思わぬ部分の下地がでてしまったりします。

 
f:id:garomilk:20210419203429j:image
タミヤコンパウンド粗目・細目・仕上目のジェットストリームアタックで磨き倒したボデイ。ツヤツヤでテカテカです。

 


f:id:garomilk:20210420082241j:image

シャーシはタイヤも付きました。

 


f:id:garomilk:20210420082249j:image

限界の車高です。

 


f:id:garomilk:20210420082257j:image

フロント足回り


f:id:garomilk:20210420082305j:image
リア足回り 次回4本あるダンパーをつけていきます。

 

作業は順調です。

今回はここまで。仕事行ってきま~す。

 

おまけYouTube