晩酌モデラー日記

趣味の模型製作の記事です。

ムルシエラゴ!① ボディチェック

こんにちは!

 

今回より新連載!

ランボルギーニ ムルシエラゴ  

1/24スケール フジミ製を製作します!


f:id:garomilk:20210418083550j:image

密林から届いたムルシエラゴ

 

ムルシエラゴはスペイン語でコウモリの意味です。

またその名は19世紀に実在した闘牛から取っています。

簡単スペック紹介

車重1650kg

排気量6200cc 580馬力!

4WD 6速oreギアセミオートマ

燃費1ℓ=3.4km

もう笑うしかない。

 

では開封の儀


f:id:garomilk:20210418083607j:image

程よく詰まったランナー類

 


f:id:garomilk:20210418083619j:image

切り出したボディ構成パーツ達

このフジミのバンパー分割タイプのボディは全くパーツの合いが悪いイメージで嫌いです。

今回もパテ盛りだらけになるだろうと予想しました。

 


f:id:garomilk:20210418083634j:image

まずはサイドステップの仮合わせ。バチピタです!「はうっ!」

大事なボディなので画像多くいきます。


f:id:garomilk:20210418083641j:image

膨らんだインテーク部分は別パーツです。 後端までチリは合っています。マジか?

 


f:id:garomilk:20210418083653j:image

フロントバンパー こちらも隙間なくバチピタです。

 


f:id:garomilk:20210418083701j:image

ではサイドはどうか? これまた隙間と大きな段差はありません。「はぁぁ~!」



f:id:garomilk:20210418083722j:image

ライトの角に若干の隙間か?ライトレンズを付けたらどう見えるか?

 


f:id:garomilk:20210418083734j:image

リアバンパーもバチピタ! ラジエターも再現されており冷却ファンが見えます。

 


f:id:garomilk:20210418083742j:image

どうみてもぴったり!!

 


f:id:garomilk:20210418083802j:image

さすがに開閉可能なエンジンフードはダメだろう?・・イヤ!こちらも凄く合っています!!感動です!

 


f:id:garomilk:20210418083816j:image

実写では可動するサイドエアインテークもピタリです。

「どどど、どーしたんすかすかすかフジミさん!!!ものすごいクオリティではないですか!!」

再販されたタミヤカウンタックのエンジンフフードの100万倍合いが良いです。

 


f:id:garomilk:20210418083826j:image

大した加工もなく仮組終了。モチベーションがこみ上げる!!

 


f:id:garomilk:20210418083832j:image

上手く作れそうな感120%です。

 


f:id:garomilk:20210418083847j:image

嬉しくてライト部分を入れてみる。クールです。

 


f:id:garomilk:20210418083853j:image

ボディパーツを接着します。  接着後にエポキシ接着剤で補強しました。


f:id:garomilk:20210418083839j:image
今回はここまで。

タミヤ NSXと比較してみる。 ムルシエラゴは一回りデカイです。

ここまで期待を大きく上回る出来のキットです!

定価2600円のキットですがこれは凄い!当たりですね!

相当楽しめそうです。

 

皆様も良い日曜日をお過ごしください。 

 

  おまけYouTubeBest MOTORing official 

スーパーバトル!! F50 vs.ムルシエラゴ 黒澤元治が全開インプレッション!!

3分35秒 ボデイ後方エアインテークが可動しています。初めて知りました。